忍者ブログ
キミ、なっちゅをもらえるかね

2017

1020
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012

0720

2011年07月20日にエグジットチューンズから発売され、オリコンデイリー9位にもなるなどした「小さな自分と大きな世界 / 40mP feat. 初音ミク」が、昨年に引き続きミュージックジャケット大賞2012にノミネートされました。

アルバム発売当時の記事
とても嬉しそうです。

昨年エントリーされた時は様子もわからず、「これは!もしかしてしまうのではないか!この大賞をミラクル受賞してこのまま一気にグラミー賞まで行ってしまうのではないか!」などとセレブな予感にドキドキしていたのですが、実際に新宿の会場に見に行ったら大物アーティストのすばらシャイン(素晴らしいを超えて美しく輝く様子)なアルバムとかがバンバン置いてあって、あたくしはギャーイ!と思うと同時に、こんなすごいものたちの中に手がけたものが置いてあることの幸せを噛み締めたのでした。

展示の中には大好きな高田純次のアルバムともあった。なかなかこれだけの量のアルバムを手に取ってじっくり眺められる機会はないので、お近くの方はぜひ会場にお運びいただいて、ひとつひとつの作品を堪能していただきたいです。

ダウンロード購入も早いし安いし手軽で良いですが、音楽と、それを包みこむ愛あふれる実体があるということも大変素晴らしいと思うのです。ぜひサイトだけでもご覧になってみてくださいね∬゚ ヮ゚)


★会場は以下の通りでごじます。
----------------------------------------------------------------------------
・東京:
7月19日(木)~7月24日(火) 新宿高島屋 1階JR口特設会場
・大阪:
7月27日(金)~8月1日(水) HEP HALL(梅田HEP FIVE 8F)
-----------------------------------------------------------------------------

初音ミクみくさんでも取り上げていただいておりました。

+++

50の候補作を順に見ていくと、今回はデザイナーの名前なんかも表示されていて、あたくしの名前も出ていて、HOOOO!と思った。

大変ありがたいことです。


さて、2年連続ノミネートというNEWSを聞いたチーム40mはだいたいこんな様子でした。


シャノ先生!!!


最近のあたくしは2つのカンパニを股にかけ、毎日朝の9時から朝の5時くらいまで働き詰めに働いております。それで、そんな馬車馬のような暮らしに疲れきって心がねずみ色になりゾンビのように無表情になってきていたのですが、このニュースのおかげで気もちが明るくなり、笑顔が戻りました。

チーム40mのみんなや、それを支え、見守ってくださる多くの人たち。
あたくしももっともっと饒舌に表現していかなくちゃ!と思ったのです。

ダブルカンパニも明日の朝まで。
もりもりやります。あたくし。

+ありこ+


なんか全員のtwitterがこのアイコンになったりした。

拍手

PR

2012

0712

おれの宴会はいさましい。

しかし最近はあまり食べなくなった。食べれなくなった。それにあんまし飲めなくなったのでございます。老いてゆくあたくし。まもなくカピカピになってしぬのでございましょうか。それとも自転車の力を借りて若返り、三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)のしもべとしての人生を送るのことになるのでしょうか。

宴会ではしばしば無礼講という当日ルールが適用されます。無礼講が適用された宴会ではまれに「上司にタメ口をきいたり無礼千万の振る舞いをしたりしてもOK」と勘違いする輩がとてつもない猛無礼を働いてからすみばりに干されたりします。ですので、会社での宴会において、上司が「今日は無礼講だ!」と言っても、大体の場合「まぁ楽しんでちょうだい!」くらいの意味合いだと考えて、普段通りに過ごしましょう。

ちなみに、あたくしが昔働いていたワイルド系職場では無礼講ではなく無礼縛りというのがあり、これは無礼講のような曖昧な意味ではなく、「全員タメ口で話すこと」、「さん付け禁止」、「喧嘩上等(流血沙汰にならない範囲で)」などの厳格なルールのもとでそれはもう荒々しく行われました。しかしそこは社会人、ヒリヒリするようなギリギリのやりとりがほうぼうでなされるものの、全体としては和気あいあいとした雰囲気の中で宴会は進むのでした。まれにものすごい殴り合いも起きますが、そこはルールの適用範囲なので誰も気にしません。まだ若かったあたくしも調子に乗って会長に「おまえちんこたつのけ?」とか聞いてぶっ飛ばされたりしました。(頬骨にひびが入るなどした)

これはあたくしの個人的な意見ですが、普段通りというスタンスを崩すことは、本来とても危険なことです。なので、本質的にはどのような場所でもそのスタンスを守りぬくのがよろしいです。その上で、場所に応じてほのかに柔らかく振る舞うよう心がけるのが、もっとも自然でうつくしいのではないかとあたくしは思います。

しかし、あたくしは成人君主ではないので、時には嵐のような罵詈雑言と時空が歪むほどの悪意を竜巻のようにまとった腐海の王みたいな感じにもなります。でもそれでいいのです。どうせ酒の席のことなのです。大事なのはきちんとケアすることです。うまくやっていきたいと思うならば。

誰かといっしょにお酒を飲むのは楽しいです。もっともっといろいろな人と出会って、いろいろなお話をしたいものです。

そのためにも、お金をください。(前に倒れる)

+++

最近、
すこし太った。

Gパンの張り詰め具合ですぐにわかるんや。

お酒はやめられはしない。
ならばお酒以上にカロリを燃すしかないのや。

体を痛めつけながら全力で走り続けるそのさまは大変うつくしい。そう、ボロボロになりながら天に向かって飛んでゆくゼロ戦のように……。

このままではしぬ。

+ありこ+

拍手

2012

0711

ちょっとずつ進めておる。

必ず最後までやるし、最終的にモシャ元は超えてみせう!(美しい意気込み)
終わったらモシャ元をお知らせいたします。CGHUBを見れば多分すぐにわかるヨ!

今日もよく晴れております。今週末はなんと3連休なのです。あたくしは仕事柄というかあんまり3連休に恵まれないのです。世の中は3連休でもあたくしは最低でも隔週土曜日出勤なので、結果として2連休になってしまうことが多いのです。かなしいね。

今は自転車のシーズンなのです。丸一日都内を走りまくっても楽しいし、最低限の装備で1泊2日のロングライドとかしてもいいのです。野宿だってクマやチュパカブラが出ない場所を選べば安心です。ただし、宿泊の際、HOMOのハッテン場になっている健康ランドは避けること。それよりはひとりラブホテルのほうがおすすめです。

あたくしは新宿のラブホテルにひとりで宿泊したことがありますが、冷蔵庫の酒を飲みつくしフロントに「おかわりをください」と申しあげたら「外で買ってきたほうが安いですよ」と言われ、親切なホテルだなぁ、といたく感激してお酒を買いに出かけたところ、宿泊中のホテルがどれだかわからなくなって、あたくしは一軒一軒「すみません、先ほどお酒を買いに出たのですが、そういう人はこのホテルにいますか?」聞いて回るなどしました。宿を訪ねて三千里を歩いたあたくしがべろんべろんになって宿に着いたあたくしは、その後寝坊して数千円の延長料金をお支払いしたのです。

自転車はすばらしい、という話をしたかったのだった。
どうしてこうなった……



トランスマックス社長、SHASHA-MORRY(触手使い・独身)

通称「赤ホルモン」。口癖は「今、入稿しろ」、「全ページレンチキュラーにしろ」。
鬼のようにケンカが強く、原付バイクはV3597864251エンジンを搭載しマッハ8950で入校者を追い詰め、最終的にひきころしますし、普段も聞きたいことを聞いたら射殺してきます。まさに悪魔の原稿回収人といえましょう。

天敵は「青ホルモン」と呼ばれるデザイナー。
あたくしです。

口癖は

入稿するものなどない!
∬_゚д゚)_ バァァン

本づくりはハードボイルドなのです。
なんだ今日の日記は。

+ありこ+

拍手

2012

0710

25分MOSHAー

夏コミ関連の死のラインがじわじわと迫ってきておる今日この頃、いかがおすましでしょうか。おすまししてますでしょうか。おすまし?

おすましはいいよなーおすましした女の子とかたいへん好きです。あたくしの経験上、ひとは歳を重ねていくに従って、どんどんどんどん体や心が外に開いていってしまい、気がつけばすっかり心がゆるゆるのだらけきったガニ股状の生物になってしまうということがとても多いのです残念なのです。あたくしとて例外ではない。

若い人間の体は外から内への力のらせんがぎゅんぎゅん回っています。だから、立ち姿はもちろん、あらゆる姿勢に緊張感があり、美しかったりかわいかったりするのです。例えばブリっ子の内向きの動きの数々。あたくしはあれを見ると部屋で火炎放射器を背負って屋根を突き破ってスクランブル発進し、ただちに汚物は消毒だーしたくなるのですが、それはさておいてあのブリっ子の動きを継続するには莫大ならせん力が必要です。

体の隅々まで意識を張り巡らせ、全方位からの美やかわいいを意識しながら、しなやかに、繊細に体をコントロールし続ける。それには一定の緊張感が伴います。その緊張感こそが美の秘訣ではないかとあたくしは考えるのです。ココ・シャネルもそのように言っています。有名な「女性の脚には緊張が必要」というやつです。

気が付けば日常を淡々と、いや、ぼんやりと浪費するだけの人生になってしまっておりはしませんか。心は緊張を失い、体は意識に垂れ下がる重みと化し、重力に逆らわぬ粘土のようなかたまりになってきてはいませんか。

「なぁ、ブリっ子になろうや……ブリっ子しようや」

あたくしは洗濯日和の日のベランダみたいにだらしなく肉をぶら下げた人間たちに対し、今こそ宣戦布告いたします。


全身で大地を踏みしだき、進むのや!
そしておのれの中にある緊張という刃を研ぎ澄まし、全方位からの視線を迎撃・撃破せよ!これは、訓練ではない!!!(平手打)


おすましするための本当のたたかいがはじまる。
軍曹、おれ、この戦いが終わったら故郷に帰って結婚する人がいないんだ……(しなないフラグ)


最後にココ・シャネルのことばを。


「私は日曜日が嫌い。だって、誰も働かないんだもの。。」


よーしおもてにでろ!


+ありこ+

拍手

2012

0709

モー

牛はいいよなー。
牛は牧場などで生牛を目にする機会がございますが見るからにうまそうなのであり、実際に食うともちろん大変なおいしさであります。特に洗練されつくした和牛は他の追随を許さない圧倒的ヘブン状態なのであり、最近はワシも歳じゃからあんまり量は食えのうなりましたが、その分おいしさへの探求心はより高まっております。あげぽよであります。

しかし一方でオージー肉やアメリカ肉などが和牛に劣るかといえば、決してそういうことではなく、あれらはあれらであたくしたちの中で眠る肉食獣をサバンナの大地へ解き放ってくれる素晴らしい食べものなのであります。

近所ケネディというステーキ屋さんがあるのだけど、そこで食う360グラムとか500グラムの海外肉のステーキは巨大で分厚く固い、大地の味がする生きた猛者なのであり、これを食するには全力で噛みちぎり命を奪い一切の躊躇なく徹底的に咀嚼しなければなりません。

つまり、これは食事ではない。生きるための闘争、殺し合いなのであります。あたくしたちは奪う側ではありますが、ひとたび命を奪う力を磨くことを怠れば、ただちに餓死して大地に還るのであります。かつてあたくしも体調の悪い時に挑みかかり、咀嚼力及ばず敗れ散り大地に還りかけたこともあります。

母なる海に抱かれて優しく乳を与えられるかのような和牛という体験。選ばれた人間にのみ立ち入りを許される桃源郷のような美しいその情景。対して一切の甘えを許さぬ黄金の大地における血と肉と断末魔。海外肉という闘争と栄養摂取の情なき連続体の血塗られた外観。

どちらも肉でありながら、その様子はまったく、異なるのです。
そして我々はけだもの。

いつ、どちらのフィールドで戦いが起きても大丈夫なように、ネコのようにしなやかに備える必要があるのです。ステーキ食べたい。


そういえば昨日はあいにくの天気でしたが七夕でした。


織姫と彦星が今も愛し合っているとは限らぬ。

愛し合っていたとしても、



実際はきっとこんな感じに違いないのです。

この世に全方位から見てもれなくすばらしい美談などありはしない。



+ありこ+

拍手

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
スポンサードリンク
・about
ルウクデザイン(arico.&goodbrush)のblogです。ラクガキしたり妄想したり酔いつぶれたりしています。たまに関わったお仕事の告知とかもします。

◆管理者:arico.
◆お問い合わせ:
happyoekaki★gmail.com(★→@)

◆twitter:arigatohco
◆pixiv:11390
◆リンクフリー
バナーは上の水色のをお使いください。
レコメンド
tumblr


★INTERVIEWS
google検索
スポンサードリンク
bookmark
ブログ内検索
バーコード
最新TB
(11/20)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP