忍者ブログ
キミ、なっちゅをもらえるかね

2017

1122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012

0825

あはーん

おっきなおしりはいい。
とてもいい。

おっきなおしりは高価な三脚よりも安定しており、ヨコヅーナが押しても引いても決して動きはしない。それどころかその柔らかな感触としっとりとした包み込むような優しさの前では全人類が無垢な赤子と化してしまうのです。どんな屈強な戦士も、血を求めてさすらう狂戦士も、闘争本能をボロボロとこぼしながら眠りに落ちてしまうのです。ヨコヅーナも大銀杏を震わせて胎内へと帰ってゆくことでしょう。

おっきなおしりは強いのです。
腰のくびれからやわらかく弧を描いて広がる骨盤のほのかなラインは、まるで大自然が生み出した巨大な景観のようであり、どこまでも広がる宇宙の膨らみのようでもあります。冒険者たちはその雄大な存在に包まれ、安堵し、同時にその無限の優美と慈愛に底知れぬ畏怖を抱くのです。男の戦いとは、極限すれば尻を獲得することに目的があると言っても過言ではないのです。

おしりとは、それほどのものです。
世におしりは数あれど、どれひとつとして同じおしりはありません。その豊かなラインナップ、バリエーション……形だけではありません。柔らかさやエンボス加減、セルライトの入り方なども厳密に区別されます。近年では無法都市足立区在住の主婦、佐藤しえりのパンチーラインが宇宙線のエネルギースペクトル図と完全に一致することが判明し、また豊島区では女子中学生のパンチラからGZK限界を越えるエネルギーを持つ宇宙線(超高エネルギー宇宙線)が初めて観測される(その後、NASAで1978回にも及ぶテレスコープアレイ実験が行われたが、超高エネルギー宇宙線は観測されなかった)など、おしりはいま、科学の分野においても重大な関心を集めています。

先日、日本のおしり学会において、パンチーニ派マッシブBHグループのクレッグ・マクダネルとあたくしは激烈な論争を展開しました。パンチーニ派とは、「おしりが最も美しく見えるのは、パンツを履いている状態である」という主張を根幹に据える学派であり、あたくしが属するプレーン派とは若干の理解も交えながら、最も激しく対立する学派なのです。

プレーン派は「おしりが最も美し見えるのはプレーンな状態(=生まれたままの姿)である」という主張を行う学派で、学会でも、そしておそらくは世界でもっとも理解を得ているであろう最大学派のひとつです。その他にもアンチスラローム派、フリルミニマムチラリズム派、パンツエンボス派、タイツトランスペアレンシー派など、学会には多数の派閥があり、週に一度の学会以外の日は、朝の11時から朝の11時まで、代々木公園で殴り合っています。(この戦いは常に平行線をたどり、1973年に当時の最小派閥であるビニル派がクィーンウィンダム派に吸収された以外に学派それ自体に変動は起きていません)

あたくしがパンチーニ派マッシブBHグループのイカ臭い童貞野郎どもを最も毛嫌いする理由のひとつとして、まだ見たこともない秘密の部分に勝手に恐怖を抱き、聖域(足を閉じた状態で左右の太もも、性器の間に生み出される二等辺三角形の空間)の直上には太陽質量の×106から×1010倍程度の超大質量ブラックホール (super-massive black hole) が存在するからあぶない!という荒唐無稽な主張を1200年間も続けてきているということがあります。

彼らは同じパンチーニ学派内でも唾棄すべき夢見る愚者の群れとされており、その必死の主張ぶりとは裏腹に常に嘲笑の的です。「どんだけ畏れてんだよ……ちんちんだけブラックホールに吸い込まれるわけねえだろ……」とは、レオスタンプグループのマイケル・ピットの言葉です。レオスタンプグループはネオプレーンパンチーニ派に属し、ヒョウ柄をまとったおしりこそが至上であるとする学説を展開するワイルドな連中です。

同じパンチーニ派の中でもネオプレーンパンチーニ派の人間たちは、単に美という視点から「下着をまとっている時のほうがおしりが効果的に装飾され、より美しく見える」という主張をしており、その中には様々な柄や生地、装飾ごとにグループに分かれてはいますが、その内容は我々プレーン派にも十分に理解が可能なものです。

ただうっとりと見つめてねじれるのではなく、おしりという「何かふんわりしたいいもの」をロジカルに分析し理解しようとするアプローチは、万象において応用が可能なものです。それを自然に身につけることが、現代を生きる上での大きな利益をもたらすことは疑いありません。

おしりは、公的な場所で見るだけなら犯罪ではありません。
アカデミックな視点に立ち、濁りのないクリーンな思考を持ち、世界の入り口としてのおしりを真摯に見つめたならば、必ず、扉は開かれるでしょう。

ところで、おしりについて述べてきたわけですが、これはもちろん、女の子のおしりについてです。男の尻などワニにかまれてしねばいいとあたくしは考えています。


この文章は4日間、すこしずつ書いてきましたしにたい。

+ありこ+

拍手

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
スポンサードリンク
・about
ルウクデザイン(arico.&goodbrush)のblogです。ラクガキしたり妄想したり酔いつぶれたりしています。たまに関わったお仕事の告知とかもします。

◆管理者:arico.
◆お問い合わせ:
happyoekaki★gmail.com(★→@)

◆twitter:arigatohco
◆pixiv:11390
◆リンクフリー
バナーは上の水色のをお使いください。
レコメンド
tumblr


★INTERVIEWS
google検索
スポンサードリンク
bookmark
ブログ内検索
バーコード
最新TB
(11/20)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP