忍者ブログ
キミ、なっちゅをもらえるかね

2017

0327
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012

0621

あ・た・し・よ♥

なんか部屋のきれいきれいも、生活の仕切り直しも、禁酒も、ぜんぜんできてないであるのや。しかし、今週でキメるつもりや。今週が運命の週なのだと確信をもって言える。おれは、そう考えてる。

思えばあたくしはこの気もちを10年以上毎月欠かさずこの胸に抱いてきた。そして、週末が訪れるたびに夢と希望を失い続けてきたのだ。

毎週末かならず訪れる希望なき日曜日。再生の機会を失った我が部屋は絶望と汚濁によって支配される。例えるならば誰も立ち寄らぬ悪臭のゴミ山のうちで特に腐臭が激しいもの、精神に悪影響をおよぼすほど醜いものだけが決して人目に触れぬよう一箇所に集められた場所、そう、まさしくそう形容するにふさわしい忌むべき部屋において、穢れた汚水で湿り気を帯びドス黒く染まった惨めなあたくしがただただ絶望にまみれ目も開けぬままワンカップ大関の瞬間ドリンキングと気絶、絶命、再生(最初にもどる)を永遠に繰り返し続けるのである。


あるアリコは言う。

「お部屋で酒を飲むでない。さすれば光で満ち溢れるサンデーが訪れるであろう」


また別のアリコは言う。

「お部屋にものを散らすでない。すべての所有物に帰る場所を与えよ」


また別のアリコは言う。

「要らぬものを捨てよ。さすれば世界と心が開かれるであろう」


また別のアリコは言う。

「ドーナツの穴のところを食べたら痩せるとかいうやつは手足を縛ったのち口にガムテープを貼り鼻の穴から生クリームを秒速48010リットル注入したりとかしてころす」


「殺人光線を額から発射する、当たったものはしぬ」


「あんみつ姫という文字列がいやらしいという認識を捨てよ」


「ロティサリーチキンを予約しろ」

……

あたくしは泥の中で、次々に訪れるあたくしたちのお告げを聞き続ける。


そうだ、そうすればきっと来週の今日、あたくしは太陽の光の下で日曜日を迎えられるに違いないのだ。

ふたたびこの目を開けたとき、日曜日は遠く去り、月曜日のあたたかな光があたくしを汚物から人間に戻してくださるにちがいない。そうして立ち上がったあたくしは、雷鳴のような予感に撃ち抜かれ、確信するのだ。


「今週こそは運命の週である」


今日はまだ木曜日なのである。
運命の週はここからの過ごし方で決まることは言うまでもない。

おお、清廉潔白にして勤勉誠実、素直な光の中のあたくしよ、そなたと身を重ねひとつになることが朕の人生のすべてである。


今こそ堕落した液体を打ち捨て、立ち上がれ!
その時、あたくしは生まれ変わり真の人生を歩み始めるのだ!

∬゚ ヮ゚) ワーイ


昨日はささはらの人生の重大な交差点にテラッハと3人で集まり、たくさんの言葉を交わした。会話中はロティサリーチキンは皮パリパリ中はふっくらでUFOがバンバン飛んでたし、熟成肉のステーキはうまみに満たされていて日光東照宮の上の方はマジでやばいと聞いた。重大な交差点には、宝物がたくさん埋まっておった。そのひとつを持ち上げ、ささはらは「おれ、本当はこれが好きだったんですよ」と、とてもよい表情でいい、あたくしは「ほえー、そうだったのけ」とか言った。テラッハは目を細めてその様子を見ていた。

だから、
今週のあたくしは、今までとはちがうぜ。


+ありこ+

拍手

PR

2012

0620

他人の時間を買い叩く悪魔め!

子供のお使いでももうちょっと割りがいいよ!というイラストの依頼はこの世にたくさん存在します。はなから0円というのんもたくさんあります。

そもそもお金を取って提供するサービスに使う素材を、縁もゆかりもない人間に用意しろというのはどうやったら正当化できるの?と思うけど、そのあたりは「今後全面的にバックアップします」だとか「やりがいのある仕事です」だとか「このゲームが有名になったらあなたも有名になります」だとか、そういうのでなんとかなっているようです。

なんとかなっているというのは、それで受ける人がたぶんいるのだろう、ということです。それで、そういう人がいることがわかっているから、業者の人間たちはpixivなんかを見て手当たり次第にメールを出して依頼しまくるのです。数撃ちゃ当たるのです。

そういうメールですから、文中には相手を人間として尊重する姿勢などみじんも見えません。ワンクリックで確認できる相手のプロフィールを確認しないことはもちろん、名前を間違っていたり、文中に草を生やしていたりとやりたい放題です。

「ご返信ありがとうございます。先だってのメールにもございましたように、誠に恐縮ではございますが今回の依頼について報酬はご用意しておりません。この点、予めご了承ください。つきましては、明日午前9時までに作品サンプル数点と履歴、これまでの実績を提出してください。ご連絡お待ちしております。」

∬゚ ヮ゚) おことわりしたのになんでや!?

あたくしは激しく動揺し、熟慮の結果、実家の庭でできたきゅうりの写真を63枚送信したらすっげえしかられたうえ、依頼も先方から断られるなどした。

フッ……だが先に断ったのはこのワシよ。


……ところで、あたくしのところにはたまにあたくしをぎたさんだと思い込んだ相手から絵の依頼がきますが、宛先を間違えて気づかないような方なので依頼も100%ろくなものじゃないです。中にはこのブログの絵を見てもまだ気づかない依頼主さまもいらっしゃいます。気をつけるがいいです。


★かんたん!アリコ絵判断基準★
-------------------------------------------------------------------

(1)ガビガビの線から色が大胆にはみ出ている。

(2)線が猛烈に枝毛みたくになっている。

(3)大胆なアングルでおじさんを描こうとしている。

-------------------------------------------------------------------

ご参考まで。


さて、こういうお話、ちょっと前のだけど、「面白法人カヤックの学生絵描き買い叩き問題のまとめ」とかなつかしい。

こういうの、報酬のことばかりでなく、
いろいろと考えさせられますね。


ひとの時間を自分の利益のために使うことについて、とか。


時間、お金、ココロのことについて、とか。


もっちゃりと考えてみましょう。


+ありこ+

拍手

2012

0619

細身のおんなのこ

……かわいいよ(葉巻)

グチョーリとかいう卑わいな名前の台風が迫っておるとききました。本来ならそんないかがわしいものが八百万の神々がおわす神州日本国に迫ることすら許せることではありませんが、自然のことなので仕方ないっていうか、考えてみると台風も八百万の神々に含まれる気がしてきたのでとりあえず名前だけでもなんとかしてもらえまいかと思った。

あたくしはハウスにテレビがないので天気予報はいっさい見ないし見れないのです。あと、時事にもうとい。でも、一応アイホンで見れる産経新聞は見ることもありますし、朝はカンパニで主要なニュースには目を通します。twitterで流れてくるニュースはあんまし信じない。

本当は、朝しっかり起きて、モーニングコーヒーなどいただきながら、トーストを焼き、目玉焼きをつくり、ふりそそぐ朝日の中でその日に食べるサラダなどこしらえながら、ブロンドの髪が美しい妻やスティーブン・セガールみたいな夫とかが次々に起きてきて「おはよう、今日も1日の始めにキミが見れて嬉しいよ」とかいわれながらフレンチ・チッスをしたり、ハグしたり、ハグから一気に崩してマウントを取るけどいったん返されて腕ひしぎ逆十字をキメられそうになるけど華麗にエスケープして膝十字をキメたりしたいのでのです。早起きをなめるな。

誰にもたぶん、理想的な生活、というのんがあると思います。
あたくしにとっての理想的な生活とは規則正しい暮らしだったり、毎日コツコツ仕事をすすめることだったり、毎食楽しく自炊することだったり、週末は友人や仲の良い人を招いてお食事会をしたりすることなのだけど、現実はなかなかそのようにはなりません。

現実はあまりに残酷です。現実のあたくしはカンパニが終わるやいなやコンビニに殺到し、ワンカップとハイボールを一気飲みし、退社からわずか数分でマーヴェラス(主観)なゴミクズ(客観)にレベルアップしてしまうのです。ここまではてんとう虫がアブラムシをくって「うめえ!wなんだこれうめえええ!www甘ェwwwww緑www」とか思わないように、自然の働きの一部として作用します。そのため、誰にも止められはしないのですつらい。

あたくしは本来、とても理性的な人間です。
なので、このような退社即ゴミクズな暮らしは正さなければならないと感じています。しかし、あたくしのただれた日常を正すということは、自然に挑みかかるに等しい行いでもあります。天に唾するがごとき愚かな行為なのかもしれません。

その昔、世界の言語はひとつだったといいます。しかし傲慢な人間たちは神々の住まう天に届きかねないほどの高い塔を作り、その塔が結構いい出来だったりしたので神々のもう烈な怒りを買い、塔をめちゃくちゃにぶち壊されたのち世界中をめちゃめちゃに切り刻まれてすっげえたくさんの言語にわけられてしまったのです。これにより、おびただしいビジネスチャンスが生まれ、イノベーションされた結果、英会話のジオスとかがうまれた。

自然とは共生するものであります。よりそうものであります。感謝し、慈しみ、自然の中で人生をまっとうするのがただしい人間のすがたなのです。

あたくしは今、自分という小さな大自然に挑もうとしています。この小さいけれどたしかに大自然の一部である大いなるものを変えられるのか。史上最大のたたかいが、はじまる。小さないのちであるあたくしではございますが、この戦いは取ってみせる。最後に勝つのはあたくしなんや。(負け続けて16年目)

+++

昨日は生まれて初めてホイスというのんを飲んだ。
ネットでは「くそまずい安焼酎を少しでも飲みやすくするために開発された、ホッピーを軽く凌駕する真のクズが最後にたどり着く飲みもの」というようなかんじに紹介されており、あたくしは衝撃を受けたのですが、飲んでみたら普通においしかったのです。しかも体に良い成分がたくさん含まれるといいます。

昨日の飲み会はホイスを飲むために行われたと言っても過言ではない集まりだったので、ホイスばかりをずーっと飲みつつ、



豪快ちらしをくったり



美女のちくびや股間を隠すための貝を焼いたり



イカ・タコを生まれたままの姿で焼き殺したりしたのでした。


んまい!
ホイスすばらしい!

今読み返してみたらホイスがクズのための飲み物とかどこにも書いてなかった。
よーし!今夜からお酒をやめるぞー!(満面の笑み)


+ありこ+

拍手

2012

0518

   人間だもの。

なんかねー、5時少し前にハイボールを一気飲みしたら気絶してしまって、黄金聖闘士の一人に就任する夢とか見ていい気分になってたけど起きてみたらこんな時間だよ!!なんでなの!かに座の聖闘士の名前はなんなの!(平手打)

あたくしの場合、10分で描いたものと1時間で描いたものにたいして差がないということが判明したのです。この何年間かそれ以上の時間を1枚の絵に費やしたことはないような気がします。要するにあたくしは「まともに絵を仕上げたことなどない」のであり、あたくしの「絵がうまくなりたい」のうちの80%くらいは「線画がうまくなりたい」ということなのかもしれないなぁ、とおもったりしたのでした。

だけども色はだいじだいじ。

この間、「カラー&ライト~リアリズムのための色彩と光の描き方~」という本をこうたのです。とても面白い本だったのです。コーヒーを入れてのんびりと読んだのち、あたくしは「色を塗りたいなぁ」と感じましたが塗りませんでした。結局今に至るまでこの本の内容を実践してはいないのだけど、読んだ内容もわすれたけど、この本から得た刺激とかワクワクした気もちとかは残っているのです。それは十分な栄養なのです。ちゃんと血肉になっているのです。

読書とはなにか。
あたくしにとって読書とは体験とアプローチ、それから燃え上がるようなワクワク感の獲得です。小説からは体験を、学術書やハウツー本からはアプローチを、芸術書からは創作したいという気もちにつながるワクワク感を。知識なんて受験以外では興味をもって近づけばあとからついてくるのです。

受験生は参考書を目を皿のようにして朝の9時から朝の9時まで熱狂的に読み漁り、生き馬の目を抜く闘争に勝利するがいいです。そうしていい大学に入ってさらに朝の9時から朝の9時まで資格試験とレポートに熱狂的にうちこみ、特になりたいものがない人は公務員になってください。

なんだかんだ言われてるけどやっぱし公務員はいいぞ、ケンシロウ。

あたくしは大学では経済学、法学を中心に民俗学とか哲学とか広く浅く勉強しました。おれは知識のお好み焼きになりたかった。でも、それらはのちに形成されるおかしな人格の基礎にはなったものの、社会においてはあまり具体的なメリットはありませんでした。公務員にもならなかった。

そういえば、あたくしは小学生の頃は昆虫博士で大学教授で総理大臣でプロサッカー選手というのを目指していたのだった。思い出してきた!

でも、今生ではむつかしい。
ピザたべたい。

+ありこ+

拍手

2012

0515

そんなことがあった。

斜め向かいの席のひとはヒゲメガネ部のジャージとか超似合うおしゃまなガールなのです。冬コミとかでもニアミスしまうのです。

それに、あたくしのことはとっくの昔にバレてる気もしているのです。
こわくて聞けない。


RTはいまも、続いておる。(画像クリックでtwitpicがみれまう)


ミニベロ!

同僚がビアンキのミニベロをこうたので、並べて写真とった!
たいへんかわいい!



ビアンキといえばビアンキ色というかあの水色を想像するけど、このグリーンもすばらしいかわいさでした!オーナーはこれをBROOKSのサドルにかえて、バーもそれっぽい色のに変えるといいます。それはかわいすぎるだろ!

あたくしのミニベロもかわいい。
ミニベロかわいい。あたくしもかわいく生まれたかった。

ミニベロの良さは、気軽さです。街乗りしてよーし!ミニベロロードなら200キロ走っても大丈夫です。サイクルジャージも着なくて良いのです普段着で良いのです。

それでいて、ミニベロの中にはロードバイクに匹敵するものもたくさんあるのです。ハート柄のパジャマでミニベロに乗って、本気装備のロードを焼き鳥を食いながら抜かすこともミニベロなら可能なのです!そう、ミニベロならね。

しかし、本物の立派なロード乗りというのんは路上で誰かとレースをしたりなんかしません。敵は常に己のなかにあり、路上で勝負を挑んでくるような阿呆など相手にしないのです。なので、高いバイクに乗っている人を追い抜いて「どや!自転車ってのはエンジンなんだよ!」などと勝ち誇るのはおばかさんです。かまってくれるのはおまわりさんだけでしょう。

自転車の楽しさを味わいつつ、他人に迷惑をかけないこと、自分も他の誰かにもケガをさせないこと。これが大切なのです。

しかし、ヒトミンの膝や腰がへし折れる現象だけはどうしようもない。

+++


ラーメン。

このあいだ二郎系で地獄を見たのです。

お腹をすかしたあたくしは駅前の新しくできたラーメン屋さんで「塩ラーメン味玉入り」というごくごくありふれたメニューを注文したのです。うっとりしているとあたくしの目の前で店主がもやしを両手で鷲掴みにするのが見えたのです。あたくしは目を見張った。おれはもやし工場じゃない!しかしあたくしの悲しみをまったく無視するかのように手に取ったもやしが全てあたくしのものと思われるどんぶりにうず高く盛り上げられたのです。どんぶりの中身は1キロあるのではないかという最終地獄の様相を呈していました。

美を廃し人間の食欲だけを具現したようなその異形にあたくしは震えました。
まもなくしぬ。そう思いながらあたくしはもやしを食べ始めました。おいしい。チャーシューも分厚くておいしい。スープもおいしい。味玉HOOO!

とてもおいしいのだけど、具だけでお腹いっぱいになってしまい、あたくしは店主のひとに「ごめんなさい食べきれませんでした」とお詫び申し上げてお店をあとにしました。ちくしょう、おれがあと20歳若かったらこんなラーメンおかわりしてやったのに!と思ったけど口には出さなかった。

二郎系のラーメンは10代の頃に出会いたかったなぁ、とあたくしは思うのです。

+++


赤ちゃん。

いつも見守っているネコひろばで赤ちゃんの様子を見ると、他の子たちの半分くらいしかない、ひときわ小さな子がぐったりしてあえいでいるのがわかったのです。それで、いつも一緒に見に行く人と相談して保護したのです。

でも、もう目がどこか遠くを見ているようで……


もう体が冷たくなってきていたので、あたたかくしてミルクを2、3滴飲ませました。がんばれ、だいじょうぶだよ、と声をかけて体をさすっていたのだけど、ミー!と小さく鳴いて、そのまま眠るように息を引き取ってしまいました。

心臓マッサージをしたり、鼻から息を吹き込んだり。
でもだめだった。

毎年たくさんの子がうまれて、自然の淘汰があって、脱落した子どもたちはしんでしまいます。あたくしたちはそれをどうしたらいいのだろう。自然に任せるのもひとつ、すべてを救おうとがんばるのもひとつ。

この子は懸命に生きようとしていた。
あたくしたちは懸命に救おうとした。

手の中に収まるちいさないのち。
たくさんのことをおそわりました。
ありがとう。

ごめんなさい。

+ありこ+

拍手

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
スポンサードリンク
・about
ルウクデザイン(arico.&goodbrush)のblogです。ラクガキしたり妄想したり酔いつぶれたりしています。たまに関わったお仕事の告知とかもします。

◆管理者:arico.
◆お問い合わせ:
happyoekaki★gmail.com(★→@)

◆twitter:arigatohco
◆pixiv:11390
◆リンクフリー
バナーは上の水色のをお使いください。
レコメンド
tumblr


★INTERVIEWS
google検索
スポンサードリンク
bookmark
ブログ内検索
バーコード
最新TB
(11/20)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP