忍者ブログ
キミ、なっちゅをもらえるかね

2017

1020
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

0907

おしりHOOOO

ケモノのようなよつんばいの状態から二足歩行できる構造になるためには足をこう、ググッと下に押し開いた(?)ときに肉がうしろにヌアッ!と寄って、それがお尻のふくらみになるわけです。おしりの始まりは体が2本の足に分岐していく最初の地点のところにある小さな小さなValley(谷)であります。ここから、谷は進むほどに険しさを増していき、その奥にある深い闇の中では通称悪魔ののぞき穴、肛門さまが性なる装置を守護しています。

四足歩行時にはおしりは性器をむき出しにして異性を誘惑する攻撃的な装置でした。しかし二足歩行に移行するにあたり、おしりは性器をひたかくす方針で運用していくことを決定したのです。

それにあたり、おしりは旧来の料理を載せるおしゃまなディッシュとしての存在から一躍スターダムに躍り出ることになりました。つまり、おしりはおしり単体で異性をKNOCKOUT(ナックアウ)せしめる攻撃力を備えたのです。これにより、性なる装置の価値が下がるのではないかと危惧する声もありましたが、実際のムーヴメントはまったく逆の方向に働きました。

その秘密は人間の想像力にありました。文化的に、また知性的に成熟した人間の紳士たちは、丸出しのエスカルゴよりも神秘のアコヤ貝に価値を見出すようになっていたのです。浪漫の発露であります。

そして、さまざまな技術が発展していくさなかで、おしりはさらに詳しく分析されていきます。解析され、数値化されたおしりは産業の発展とともにますます輝かしくアレンジメントされてゆきます。味気ない下着の時代はすぐに表舞台から去り、ヴィクトリアン時代のような華美な装飾を施され、またのちに装飾を排除し、おしり本来のラインを華やかさの中心とするシンプルで洗練されたデザインも次々に登場しました。

現代、高度にコーディネートされたおしりは街中のどこにでもあり、また誰もが持っているものであるにもかかわらず究極の視聴率を誇る一大コンテンツとして世の中のあらゆる場所ではげしく利用されています。



====∬゚ 3゚)  ( 人 )

明け方まで飲んでいたため、ねむい。
まもなくしぬでしょう。

+蟻孤+

拍手

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
スポンサードリンク
・about
ルウクデザイン(arico.&goodbrush)のblogです。ラクガキしたり妄想したり酔いつぶれたりしています。たまに関わったお仕事の告知とかもします。

◆管理者:arico.
◆お問い合わせ:
happyoekaki★gmail.com(★→@)

◆twitter:arigatohco
◆pixiv:11390
◆リンクフリー
バナーは上の水色のをお使いください。
レコメンド
tumblr


★INTERVIEWS
google検索
スポンサードリンク
bookmark
ブログ内検索
バーコード
最新TB
(11/20)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP