忍者ブログ
キミ、なっちゅをもらえるかね

2017

1122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012

0528

昨日のつづきや。

来週6月3日に行われる富士ヒルクライム本番の前に一度コースを知っておこうということであたくしとヒトミンは富士にやってきたのでした。早朝ということもあってか、東京からここまで所要時間は1時間と30分くらいだった。なので、


なんて言っておったのでした。

しかし、この時点で


あたくしは死んでいました。

ワイワイしゃべっているうちヒトミンカーはほどなくスタート地点近くに到着。
ふもとの体育施設の駐車場をお借りして、準備……しません。まったくしません。2人でヨロヨロと公園内をうろつきます。その時、山梨学院サッカー部のバスが!うおおおおお超名門だヨ試合見よう!といって蹴球場へ。しかし蹴球場に歩いて行くだけでバテてしまう。

蹴球場には上手そうな人たちがうなるほどおり、安定した美しいプレーを見せていました。ふつくしい。さすが名門校や!HOOOO!シュートすげええええ今の技なんじゃああああ!などと大喜び。


試合始まったら山梨学院jじゃなかったっていうね。

でもたいへん上手だったのでずっと見ておった。あー、とかうーん、とか観客視線で言いたい放題してたらヒトミンが


といったのであたくしたちは本来の目的を思い出したりした。

あたくしたちは、富士山を五合目まで自転車で登るためにやってきたのです。


この頃にはあたくしの二日酔いもだいぶ良くなってきたので、駐車場に戻って自転車を組み立ててストレッチして割とあっさり出発した。


霊峰富士VSあたくしどものたたかいが静かにはじまる。

まずは富士スバルラインの料金所まで結構きつい坂をぐいぐい登っていきます。


料金所はすぐであった。

ここでは車も自転車もバイクもみんな一緒に並んで料金を支払うのです。


あたくしたちも並びます。おもしろいね。

自転車の料金は200円です。
料金所を過ぎると


ふつくしい。

ここから五合目まで延々24キロ登ってゆくのです。たくさんの自転車が登ってゆきます。みんなサイクルジャージを着て、びしっときめています。黄色いアヒルちゃんのTシャツに半ズボン、フットサルシューズで自転車もミニベロというあたくしの場違い感はんぱない。ヒトミンも今にもフットサル始めそうなかっこうです。金色ラインのアディダスは元不良の証。(やつは若いときたくさんの人間をころした)

いよいよ本番スタート!
ヒルクライムのポイントは体力を序盤温存しておくことだそうです。そうして最後のゴール前でスパートをかける体力を残しておくのだそうです。


おれたちはいつだって全開でなければならないと感じた。

そこから1.3km








ふたりのHP的なものの明暗がわかれた


あたくし「ヒトミンしっかりしろー!息はあるのか!走れるのけ!?」

ヒトミン「これはじわじわきますねーつらいですねー心おれてきましたチョコレートかシュウクリームたべたい」

あたくし「ない!木の実と動物の骨ならあるけど、チョコレートはない!」

ヒトミン「ちょっと休憩しましょうか」

あたくし「そうしよう」


以後は休んでは走る、を繰り返しながら登ってゆきます。

みるみるボロボロになりながら登っていき、トイレがある休憩所に到着。
大喜びで休憩します。


結構登ってきたはずなのにゴール遠すぎる!

ヒトミンはこの時点でおおむね心が折れきったそうです。
あたくしは目が悪いのでよく見えなかったのであまり深刻ではなかった。

励まし合いながら登ってゆきます。
どんどん抜かれます。

でも、みなさん声をかけていってくださるのです。
あたくしたちも声を返しながら登ってゆきます。



二合目



三合目



四合目



高いなー



山に喜怒哀楽をうばわれ、会話もなし

ひたすら漕ぎます。
ただひたすら漕ぎます。
ひたすら回してたらなんか調子出てきた!なんかのコツみたいなものが見えてきたような気が!

そのとき


両足の大腿伸筋群が爆発したのだ。

これは、ふくらはぎが吊りそうなのをカバーして太腿の筋肉だけで漕いでいたからとおもわれる。こんなの初めて!しかしその場から一歩も動けないのでヒトミンが追いついてくるまでずっとその場に佇んでいました。でもそのうち、ちょっとずつ動けるようになってきたのでよーく伸ばして、その先の休憩所まで自転車を引いていって、そこで結構長い時間休むなどした。

同時に、ゴールまではあと少しだと知った。その休憩所は最後の休憩所だったのです。情報によればあとは長い平地区間があって、最後に急坂を登るとゴールなのです。ヒトミンも満身創痍、あたくしも途中むだにハッスルしたツケでボロボロです。あらゆる筋肉がちょっとした油断で吊ります。

ヒトミン「じゃあいきますか。アッー!」(吊)

あたくし「自転車にもまたがれないのw アッー!」(倒れてから吊)

ヒトミン「こうやって自転車を寝かしてから足を上げないようにまたげば アッー!」

あたくし「なるほどこ アッー!」


ひどいありさま。
でもなんとか自転車にまたがり、平地区間にたどり着きます。


スピードスター復活。40キロとかついてけないから!


あたくしは悶え特急として盛大に喘ぎ声を振りまきながらヒトミンについていきいます。

そして、


五合目のレストランとかあるトコについた!



ゴール!


やったああああ!

3時間ちょっとかかった。
休憩は1時間以上してたので、休憩は自転車を押して歩けば規定の時間に間に合うかもね、なんて話しながらフランクフルトくったりした。思えば、富士ヒルクライムにエントリしたときは上位入賞もやぶさかではない感じだったのだけどとんでもない、あたくしたちの実力は上位入賞どころか規定時間内のゴールすら危ぶまれるレベルだったのだ。

でも今日、おれたちは、かったのだ。
登り切ったのだ。達成感を得たのだ。
これでよいのだ。

本番前に一度走れたことはたいへんよかった。
よかったけど、前哨戦のダメージは間違いなく本番まで残るであろう。
だが、それがいい!(机に伏せる)

そういえば、


五合目看板の横にやらしい木があった。

+ありこ+

拍手

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
スポンサードリンク
・about
ルウクデザイン(arico.&goodbrush)のblogです。ラクガキしたり妄想したり酔いつぶれたりしています。たまに関わったお仕事の告知とかもします。

◆管理者:arico.
◆お問い合わせ:
happyoekaki★gmail.com(★→@)

◆twitter:arigatohco
◆pixiv:11390
◆リンクフリー
バナーは上の水色のをお使いください。
レコメンド
tumblr


★INTERVIEWS
google検索
スポンサードリンク
bookmark
ブログ内検索
バーコード
最新TB
(11/20)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP