忍者ブログ
キミ、なっちゅをもらえるかね

2017

0818
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0530
それはなにを伝えたいの?
それはだれに見られるの?
それはどこで見られるの?
それはなにと並ぶの?
それは


……アタシはデザインに関するオシゴトをするときは必ずこれらを明らかにしてもらうようにしておる。

明らかでないときはよう話し合う。お話し合いはクライアントたんのおごりによる酒の席でおこなわれ、アタシは話し合いが伸びるほどによりたくさんの美味しいお料理をほおばりお酒が飲める。でも話し合いが延びるほどに作業時間が減って要求が高まるのでほどほどの良いところで折り合いをつけねねればならない。失敗するといろんな次元でいろんなアタシが一斉にしぬ。

デザイナーの仕事はコミュニケーションの仕事であり、ゆーなれば翻訳業とか郵便屋さんみたいなものなのだとアタシはおもうのでス。デザインの仕事って、

「あの人にこんなメッセージを伝えたい。」

それが原点ではないでしょか。


でも今「あの人」は不特定多数になってしまった。
同時にたくさんの人たちが「あの人」にあらゆる場所からメッセージを送っておるのだ。その中で「あの人」にメッセージを伝えるにはどうしたら。デザインはこの100年で超進化した。でもあの人の目はずうっと2このままなんだ。


最後はひとつの言葉になるように。


たとえば あなたが好きです だとか。


最小の手数で最大の装飾がいとも簡単にできる時代。
でも、装飾は主体があって初めて生きるものなんだ。

ひとことで言える最小のフレーズ。白黒の写真に写った肉親の顔。手のひらの上の4つ葉のクローバー。何気ない街の風景。ファインダーも覗かずに撮った空。素直に発したありがとう、という言葉。

今まさに死のうとしている人にもおもいを伝えられる率直で素直で純粋なひとつのかたまり。そういうものがデザインのエッセンスであり、主体であり、本質なんじゃないかなあ、とアタシはおもう。


ここで最初にもどる。


それはなにを伝えたいの?
それはだれに見られるの?
それはどこで見られるの?
それはなにと並ぶの?
わたしは


アタシはデザイナーだ。
意志のある辛味強めの話せる調味料だ。
でも強いて言うならデザイニャーとよばれたい。

精緻を極めたデザインの先にある真っ白なキャンバス。
アタシもたどりつきたいでス;;


マスター、またきちまったYO

+arico.+

拍手

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
・about
ルウクデザイン(arico.&goodbrush)のblogです。ラクガキしたり妄想したり酔いつぶれたりしています。たまに関わったお仕事の告知とかもします。

◆管理者:arico.
◆お問い合わせ:
happyoekaki★gmail.com(★→@)

◆twitter:arigatohco
◆pixiv:11390
◆リンクフリー
バナーは上の水色のをお使いください。
レコメンド
tumblr


★INTERVIEWS
google検索
スポンサードリンク
bookmark
ブログ内検索
バーコード
最新TB
(11/20)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP