忍者ブログ
キミ、なっちゅをもらえるかね

2017

0824
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008

0926
全国を巡るイベントの後半戦がはじまろうとしている。
その準備が佳境。毎日続々と海外からの商品が届き、チェックすれば数%は必ず不良品だったり全然頼んでないものだったりで社内は上へ下への大騒ぎだ。

こう書くとなんかくろまる氏の会社のピーク時となんか似てますな。ヒトミンの会社でも最近そんなことあったし、サラリーマンなんて繁忙期はどこでも同じようなものなんでしょう。皆様日々お疲れ様でございます。

さて先日まで「舟越桂・夏の邸宅展」をやっていた東京都庭園美術館で僕ちん待望のイベントがあと少しのところまでやってきました。

ここは

『東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸(朝香宮殿下は久邇宮[くにのみや]家第8王子、妃殿下は明治天皇第8皇女)として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。戦後の一時期、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきましたが、建設から半世紀後の1983年(昭和58年)10月 1日、美術館として新しく生まれかわりました。

 この建物は1920年代から1930年代にかけてヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式を 現在に伝えるものです。フランス人デザイナーが、主要部分を設計、内部装飾もフランスをはじめとする 外国から輸入されたものが多用されています。また基本設計と内装の一部は宮内省内匠寮[たくみりょう] の建築家が担当し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加えています。当館は従来の美術館とは異なり、建物自体が美術品といえます。そして、作品とその観賞空間との間に交感が生まれるような、新しい美術鑑賞の在り方を提案しています。美術館は広大な緑溢れる庭園に囲まれ、自然と建物と美術作品があわせて楽しめる環境に恵まれ、そこに庭園美術館の名も由来しています。』

という由来を持つすんげービューテホーなハウスでして、今回のイベント「アール・デコの季節」では館内撮影し放題なのです。撮りまくるしかないでしょう!

ちょうど3連休もあるし、2億枚くらい撮って資料を増やしたいところです。
うあー楽しみ!!

◆東京都庭園美術館「アール・デコの季節」10月1日~13日
※クリックでリンク先へ行けます。


goodbrush

拍手

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
・about
ルウクデザイン(arico.&goodbrush)のblogです。ラクガキしたり妄想したり酔いつぶれたりしています。たまに関わったお仕事の告知とかもします。

◆管理者:arico.
◆お問い合わせ:
happyoekaki★gmail.com(★→@)

◆twitter:arigatohco
◆pixiv:11390
◆リンクフリー
バナーは上の水色のをお使いください。
レコメンド
tumblr


★INTERVIEWS
google検索
スポンサードリンク
bookmark
ブログ内検索
バーコード
最新TB
(11/20)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP